So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ
前の10件 | -

小沢氏事務所から2000万円押収 東京地検 保管経緯など解明へ(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部が小沢氏の個人事務所を家宅捜索した際、現金2千万円を発見、押収していたことが28日、関係者への取材で分かった。紙幣の発券番号などから、現金が保管された経緯などを解明することが狙いとみられる。

 現金2千万円が見つかったのは、東京都港区の個人事務所の金庫とみられ、特捜部が13日に政治資金規正法違反容疑の関連先として捜索した際、発見したもようだ。小沢氏の自己資金か政治資金かは不明という。

 小沢氏が任意聴取後の23日に行った説明によると、同事務所の金庫には一時、小沢氏の自己資金約5億6千万円が保管されており、事件の舞台となった土地の購入時の平成16年10月時点では、4億数千万円が残っていたという。このうち4億円を土地代金の原資に充てたとしている。

首相、「闘って」発言撤回せず=2次補正が審議入り−参院予算委(時事通信)
首相動静(1月20日)(時事通信)
雑記帳 店丸ごと“エコ” セブン−イレブンが最先端店舗(毎日新聞)
小沢氏、国会で党務こなす(時事通信)
民家全焼、父と10歳女児、祖母の3人死亡 神戸(産経新聞)

都議補選あす投開票(産経新聞)

 川島忠一都議=自民=の死去に伴う都議補選島部選挙区(定数1)が24日、投開票される。自民公認で石原宏高元衆院議員の元秘書の三宅正彦氏(38)と、民主公認で松原仁衆院議員の元秘書の池田剛久氏(44)=国民新推薦=の新人2氏による一騎打ちは、都議や国会議員を動員しての総力戦が行われ、今夏の参院選を控えた有権者の選択が注目される。

 三宅氏は観光振興や医療福祉体制の充実、交通インフラの整備など、川島氏の政策を引き継ぐことを表明している。

 池田氏は与党としての確実な予算確保や、本土と島部の物価格差を緩和する税金減免措置の実現などを目指している。

 14日現在の有権者数は2万3732人。

                   ◇

 ◇都議補選島部(届け出順、1−2)

 三宅(みやけ) 正彦(まさひこ) 38 自新

  元衆院議員秘書(都議事務所スタッフ)大島町・同大院

 池田(いけだ) 剛久(たかひさ) 44 民新

  元衆院議員秘書(政治団体職員)八丈町・早大中退【国】

【関連記事】
島部の都議補選告示 民主、自民の一騎打ち
小沢氏が自民牙城に猛攻 渦中でも選挙大事?
異例の12時間空転…自民、都議会史上初の議長不信任案提出へ
石原知事「築地、食品流通の市場」 都議会、観光地主張の民主と応酬
都庁で“ドッキリな絵”展示疑問視する声も

「半落ち」容疑者vs捜査員、供述の信憑性は…“本丸”へ詰めの捜査 松戸女子大生殺害 (産経新聞)
環境税、プロジェクトチームで検討へ=2月中にも設置−税調会長ら(時事通信)
「裁判所決定無視」と職員=阿久根市給与訴訟で結審−鹿児島地裁(時事通信)
<オードリー>春日さんが骨折 TBSの番組収録中(毎日新聞)
看護師殺人未遂が時効=私的懸賞金も、有力情報なく−大阪府警(時事通信)

押尾学被告、保護責任者遺棄致死罪などで追起訴(読売新聞)

 東京地検は25日、東京・六本木マンションで昨年8月、合成麻薬MDMAを服用して容体が急変した田中香織さん(当時30歳)に対して適切な救護措置を取らずに死亡させたとして、元俳優の無職押尾学被告(31)(麻薬取締法違反で起訴)を保護責任者遺棄致死罪などで東京地裁に追起訴した。

 同罪は裁判員裁判の対象で、押尾被告の公判は裁判員裁判で行われることになった。

 起訴状によると、押尾被告は昨年8月2日、合成麻薬MDMAを服用した田中さんが、錯乱状態に陥るなど急性の中毒症状を起こしたが、救急車を呼ばずに放置し、田中さんを死亡させた。

都予算原案 石原知事会見「知恵を絞り汗かいた」(産経新聞)
日本関係船の海賊被害半減=ソマリア沖海自護衛が一定効果(時事通信)
日米安保改定50年 共同声明「アジア太平洋の平和に不可欠」(産経新聞)
「新党発言は自粛を」自民若手、結束呼びかけ(読売新聞)
裁判員「言い分違い大変」=3被告審理、懲役7〜8年−横浜地裁(時事通信)

3.9%減の過去最悪に=09年雇用者報酬−デフレや非正規拡大で(時事通信)

 政府が22日決定した経済見通しの中で、賃金と社会保険料の企業負担を合わせた「雇用者報酬」は2009年度で3.9%減と、統計値のある1956年度以降では過去最悪の落ち込みとなることが分かった。2010年度も0.7%減と4年連続で減少する見込み。
 雇用者報酬の減少が続いているのは、デフレの進行や高賃金の団塊世代の退職、低賃金の非正規雇用労働者が拡大しているためで、内閣府は「雇用の構造的変化は今後もまだ続く」とみている。また、09年度は世界経済危機の直撃で賃金カットや失業の増加も加わった形だ。 

【関連ニュース
名実逆転のデフレ続く=10年度経済見通しを閣議決定
経済・物価見通しを点検=25日から決定会合
景気判断据え置き=住宅は「持ち直し」に上方修正
世界の注目指導者3位に小沢氏=失脚しなければ影響力強化
「低下」初めて「上昇」上回る=1年後の物価見通し-12月の消費動向調査

外国人介護士、受け入れ拡充を=技術者の定住促進も提言−法相懇談会(時事通信)
<災害復興学会>防災研究者らが避難生活ガイド(毎日新聞)
審理日未定の地裁ゼロに=新潟で公判期日決まる−裁判員裁判(時事通信)
<地震>青森県で震度4=午後4時19分ごろ(毎日新聞)
自民に新グループ=山本元金融相ら6人(時事通信)

寺に強盗、200万奪う=住職ら電気コードで緊縛−京都(時事通信)

 22日午前3時ごろ、京都市南区西九条猪熊町の福田寺敷地内にある住職(62)の自宅に、3、4人組の強盗が押し入り、住職や副住職の弟(60)の手首や足首を電気コードで縛った上で、室内から現金約200万円を奪い逃走した。京都府警南署が強盗事件として捜査している。住職らにけがはなかった。
 同署によると、副住職は午前3時ごろ、トイレに行こうとした際に脅され、室内にあった電気コードで手首を縛られた。就寝中だった住職も足首を電気コードで縛られた。犯人グループはその後、室内を物色し、住職の部屋にあった約200万円を奪ったという。 

【関連ニュース
【動画】ティファニー強盗、映像公開
裁判員「言い分違い大変」=3被告審理、懲役7〜8年
弁護側、減刑求め結審=性犯罪初の裁判員裁判の二審
強盗殺人容疑で59歳男逮捕=靴底に被害男性の血か
強盗殺人容疑で男再逮捕へ=マンションで男性殺害

雪上の足跡で発覚 体育館など放火未遂容疑の中学生2人逮捕(産経新聞)
首相動静(1月21日)(時事通信)
小沢幹事長、検察に宣戦布告!「断固戦う」(スポーツ報知)
環境と経済成長の両立を=アジア中南米フォーラムで提案−岡田外相(時事通信)
首相「朝三暮四」と「朝令暮改」間違える(読売新聞)

「辞任の声出ないの不思議」麻生前首相が民主批判(読売新聞)

 小沢一郎・民主党幹事長の3人の側近が逮捕されたことに絡み、麻生太郎・前首相は17日、「党内から(幹事長職を)辞めろという声が全く出ないのは不思議だ。明らかに、開かれた国民政党とは言い難い」と民主党を批判した。

 福岡市内で開かれた自民党県連役員会のあいさつで語った。自らの首相在任中に「麻生降ろし」で自民党内の足並みが乱れたことを踏まえ、「自民党では不祥事がなくても足を引っ張られた人がいた」と笑いを誘い、「民主党の方々からは今回批判が出ない。党の体質が問題なのだと思う」と述べた。

 一方、古賀誠・元幹事長は役員会後、記者団の取材に応じ、「我々は冷静に推移を見ながら、さらなる説明を期待する。もし、それが足らざるということであれば、しっかりただしていく」と語った。

阪大 マスク2万6000枚用意 あすからセンター試験(産経新聞)
<訃報>木原実さん93歳=元社会党衆院議員(毎日新聞)
島の都議補選、民主・自民の大物が続々現地へ(読売新聞)
静まる法廷、響く音声=菅家さん、目閉じ聞き入る−「自白」テープ・足利再審公判(時事通信)
直木賞・白石さん「大嫌いな賞」の呪縛から解放(読売新聞)

<浅川マキさん>ホテルで急死 67歳 名古屋公演で滞在中(毎日新聞)

 歌手の浅川マキ(あさかわ・まき)さんが17日夜、公演で滞在していた名古屋市中区のホテルで死亡しているのが見つかった。67歳だった。愛知県警中署によると、病死とみられるという。

 同署によると、同日午後7時45分ごろ、ホテル室内の浴室で倒れている浅川さんを事務所スタッフらが見つけた。浅川さんは公演で滞在中で、時間になっても部屋から出てこなかったためスタッフらが様子を見に行ったという。

 浅川さんは石川県生まれ。67年「東京挽歌/アーメン・ジロー」でデビュー。翌年、新宿のアングラ劇場、蠍座で寺山修司演出の独り舞台に出演し、評判となった。山下洋輔や坂田明、坂本龍一らと共演。ジャズやソウルに影響を受けた憂いを帯びた声と、全身黒づくめの衣装で70年代にかけ独特の存在感を放っていた。代表曲に「夜が明けたら」「かもめ」など。

【いきいき】「女子ラーメン部」仕掛け人 松本きよりさん(産経新聞)
<遺伝カウンセラー>雇用拡大目指し NPOが今春発足(毎日新聞)
6時間監禁し、テレビなど奪った男2人を逮捕 栃木・小山署(産経新聞)
<センター試験>インフルで欠席 初日は全国426人(毎日新聞)
交番の巡査、落とし物の19万円ネコババ(読売新聞)

15年前から預金担保融資=担当者交代も継続−「偽装」小沢氏関与か・陸山会事件(時事通信)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地取引をめぐる政治資金規正法違反事件で、同会が15年以上前から、6件の不動産購入時に、預金担保とした不可解な融資金融機関から受けていたことが16日、関係者の話で分かった。
 東京地検特捜部は、事件での預金担保融資は、裏金による土地購入を隠す偽装工作だったと判断。衆院議員石川知裕容疑者(36)ら担当者が交代する中、長年同じ手法が繰り返されていることから、同会代表者の小沢氏が当初から「偽装」にかかわっていた可能性があるとみているもようだ。 

【関連ニュース
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

<資金提供問題>鳩山元総務相 贈与税5億円余を納付(毎日新聞)
コーヒー飲み、受験に全力投球(産経新聞)
ほかにも男2人が関与か=11年前の男性殺害−宮城県警(時事通信)
<石川議員逮捕>土地購入原資「小沢氏が相続の金」(毎日新聞)
陸山会土地所有権 「確認書」日付を偽装 「17年」実は19年会見直前(産経新聞)

<遺伝カウンセラー>雇用拡大目指し NPOが今春発足(毎日新聞)

 遺伝性疾患を抱える患者・家族を支える専門職「遺伝カウンセラー」の普及を目指すNPO法人「遺伝カウンセリング・ジャパン」がこの春、発足する。認定遺伝カウンセラーは現在74人いるが、医療機関で働ける人は一部にとどまる。NPOは、医療機関と遺伝カウンセラーの懸け橋となり、雇用の拡大や増員を目指す。

 遺伝カウンセラーは、遺伝学の知識とカウンセリングの技術を併せ持つ。本人や家族、将来生まれる子どもなどの遺伝性疾患について正しい知識を知らせ、患者・家族が適切な判断をできるよう、独立した立場で心理的、社会的に支援する。米国は70年代から養成が始まったが、日本では従来、医師らがこうした役割を担ってきた。

 日本では05年に制度が始動。お茶の水女子大、近畿大など9大学に養成コースがあり、日本人類遺伝学会など2学会が実施する認定試験を経て資格を得る。だが、病院に専門職として雇用されるケースは少なく、直接患者と接しない就職先を選ぶ人も多い。

 NPOは昨年12月、東京都に認証を申請した。理事長には金沢一郎・日本学術会議会長が就任する予定。発足後は医療機関に遺伝カウンセラーの必要性を知らせ、就職を支援するとともに、研修や最新情報の発信にも取り組む。

 NPO創設にかかわった室伏きみ子・お茶の水女子大教授は「高度化する医療現場で遺伝カウンセラーは不可欠。資格を取った人たちの活動の場を広げていきたい」と話す。【永山悦子】

【関連ニュース】
成長戦略:閣議決定 名目3%成長 雇用創出470万人超
成長戦略:新産業で雇用創出…検討チーム、骨子固める
デトロイト:雇用改善の兆しなく…自動車産業不振が直撃
経産省:採用意欲高い1437社公表
成長戦略:新産業で雇用創出 検討チーム、骨子固める

陸山会会計処理 石川議員元秘書が「証拠隠した」と上申書(毎日新聞)
菅副総理は外国人参政権に賛成 通常国会提出は明言せず(産経新聞)
日米両政府、同盟協議めぐり14日に事務レベル会合 (産経新聞)
<ハイチ大地震>インド洋津波、阪神大震災の遺児が街頭募金(毎日新聞)
ドコモ携帯で通信障害=東京、神奈川、埼玉で(時事通信)

自民に新グループ=山本元金融相ら6人(時事通信)

 自民党の山本有二元金融担当相ら6人が新たなグループを旗揚げすることが18日、分かった。山本氏が19日に記者会見して発表する。メンバーは山本氏のほか鴨下一郎元環境相、古屋圭司、武田良太、古川禎久の各衆院議員と衛藤晟一参院議員。名称は「のぞみ」で、今後、積極的に政策提言を行っていく方針。 

火災 桑田真澄さんの父が死亡 浜松で住宅全焼(毎日新聞)
「人のいる空間守れ」ローコスト耐震化実証 京大防災研(産経新聞)
民主党、会議から報道陣を閉め出し(産経新聞)
<ハイチ大地震>NGO「ハイチの会」ら募金活動 名古屋(毎日新聞)
【ゆうゆうLife】向き合って 前鳥取県知事・片山善博さん(58)(産経新聞)
前の10件 | -
-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。